RIVERBEER

online_off

logo-image

島根県江津市の石見麦酒さんと出会う

こんにちわ!エリータです。

高津川「MA・TSU・YO!」プロジェクトでは、高津川流域を知ってもらうべく、現地の食材を食べる会を開催したりしています。
そんな中、島根県益田市、津和野町、吉賀町の方々と協力して、11月2〜4日に行われる「かわさき市民まつり」で特産品の販売や石見神楽の広報をすることになりました。

かわさき市民まつりは川崎区富士見公園一体で行われ、3日間で50万人が訪れるというすごいイベントです。
そこに、2019年は島根県高津川流域としてブースを出すことになりました。

せっかくなら、高津川を一体的に知っていただけるような、目玉商品を作りたい。
なににしようか?と考えるなかで、ビール好きの私とプロジェクトのメンバーは、「3市町の特産品を使ったビールを作ろうよ!」と盛り上がっていました。

そこで、ビールを造ってくださる醸造所を探していたところ、吉賀町の方から島根県江津市にある石見麦酒さんをご紹介
いただきました。石見麦酒さんは、有名なクラフトビール造りのパイオニア!地元の特産品を使った美味しいビールを数多く造っておられます。
私も萩・石見空港のラウンジで、石見麦酒さんのハニービールを飲んでは、美味しいなぁと思っていました。

2019年の7月に石見麦酒さんにお伺いし、高津川流域の特産品を使ったビールを3種類造っていただきたいことを伝え、ご快諾いただきました。9月に伺った際には、味やフレーバの相談にも丁寧に対応してくださり2種類のビールの醸造が決定。さらに、浜田市にある三島ファームさんをご紹介いただき、三島ファームさんで醸造実績があるビール1種類を造ってくださることになりました。

そして、ビールのラベル。
これは、プロジェクトの仲間であるレベル4さんというデザイン会社の方が、心を込めてデザインしてくださいました。
高津川流域をイメージした、気品ある素敵なラベルができました。

みなさまのご協力あって、3種類のビールがついにできあがります!


〜石見麦酒さんと三島ファームさんのオーナーの方々といっしょに〜