RIVERBEER

online_off

logo-image

ブルワー希望の辻くん

こんんちわ!エリータです。

 

会社を設立するものの、

私だけでビールを作るのは心もとない。。。

(清水さんは経営面やデザインを担当なのです。)

 

なので、私と一緒に島根でクラフトビールを作りたい人を

ずっと探していました。

 

そんなとき、

知り合いの紹介でご縁をいただいた

四谷のワインバーガルニの今井店長から、

「ブルワー希望の人がいるんだけど、よかったら話だけでもしてみませんか?」

とご連絡をいただきました。

※ブルワーとはビールを醸造する専門技術をもった職人のことです。

 

それが辻くんです。

 

6月下旬に私と清水さんと辻くんとで、

初めて顔合わせをしました。

 

辻くんは関東在住で、

クラフトビールを作りたくて2019年に会社をやめ、

醸造所併設のレストランなどで働いてブルワーになることを目指していました。

ですが、新型コロナウイルスの影響もあり、

ブルワーになるチャンスを得ることができていない状況でした。

 

「島根に引っ越すことになるけど、いいの?」

「免許もなにもない状態からの立ち上げだから、お給料はすごく少ないよ?」

「私も今からビール造りを始めるから、教えるというより、一緒に学んでいくような状況だよ?」

 

いろいろお話をしましたが、この言葉を聞いて、

仲間として一緒にビールを作りたいと思いました。

 

「立ち上げから一緒にブルワリーを作り上げていけることはとても貴重なのです。

1から10までを自分でやっていきたい。ビール職人になりたいんです」

 

ゼロから立ち上げることに価値を見出してくれていること、

(私は職人気質ではなので)職人になりたいという思いがあること、

辻くんとは良きパートナーになれると確信しました。

 

ということで、

さっそく7月上旬に辻くんを島根につれていき、

会社の場所や島根の魅力を余すことなく紹介したのでした。

 

(辻くんは「よっしー」というあだ名になりました。)