RIVERBEER

online_off

logo-image

一般酒類小売業免許

こんにちは!エリータです。

 

先日、酒類製造業免許の申請書類を提出したところですが、

引き続いて、

「一般酒類小売業免許」の申請書類を作成し、

8/13に益田税務署に提出しました。

 

一般酒類小売業免許は、特定の販売場(例えば、高津醸造所)において、

仕入れた酒類を一般のお客様等に販売するために必要な免許です。

申請してから、標準的には2ヶ月程度で免許がおりるとされています。

 

高津川リバービアがこの免許を取得しようとしている理由は、

酒類製造業免許は申請してから4ヶ月程度審査に時間がかかるため、

免許がおりるまでの間、

他のクラフトビール醸造所で弊社用ビールの製造を委託し(OEM)、

それを買い取って(仕入れて)販売するためです。

 

この方法だと、次のようなメリットがあると考えました。

・酒類製造業免許がおりる前から弊社のビールを試してもらえ、先行してPRできる

・具体的なレシピや味の想定ができるため、酒類製造業免許取得後に製造をしやすい

・少しでも売上があがる

 

こちらの免許だけでも、早く取得できるといいなぁ。。。